オフパコというセックス行為にちょっと飽きてしまっている自分

気がつけば、すっかり10月になり、秋という季節も本格的になりそうですね。

さて、9月の僕のオフパコ活動はといえば、既存のセフレ3人とセックスしたくらいで、新規の女性とのオフパコは0で、しかもツイートもフォロワー集めもほとんどしていないという感じです。

それでも人知れずフォローをしてくれる女性にはフォローを返したりもしていましたし、大して活動もしていないのに一人の女性アカウントからいかにも僕とのオフパコに興味のある感を醸し出しているDMも届きましたが、さらっと相手して深掘りはしていません。

もしかしたら、同県であればオフパコできるように頑張るかもしれませんが、どこ住みかを聞くのも面倒だったというね。

それにしても、8月の1年越しに会った女性との処女卒業イベント以降、ある程度この活動に満足してしまったのか、新規女性獲得にあまり力を入れていな感じです。

そういえば去年も秋という季節は性欲ダウンしてました

なにげに1年前もこの季節はあまり新規の女性の獲得に積極的ではなかった感じですね。

前回の場合は8月に合計8人もの女性とオフパコをして、体力的にも精神的にもホテル代的にもかなり消耗してしまって、秋はおとなしくしていました(笑)

それに夏のあの暑さが過ぎ去ってしまうと、あまり肉欲的なことに心が行かないというのも。

今年もそんな感じですが、今年の場合はやはり会いたかった女性と会うことができ、その女性の処女を頂いたという「量より質」の満足感があったんですよね。

去年の夏も一人の女性の処女をもらったのですが、その人への「自分の気持ち」が全然違いますし。

それと新規女性に対してテンションが上がらないのは、なんだかんだで今近場にいるセフレ達が自分的に満足の行くくらいの「いい女」になっていったからです。

【AD】nakaikis

見た目にしても、お喋りにしても、身体にしても、セックスの質にしても、今僕が近場で囲っているセフレたちのレベルはかなり高いんですよ。

そこに満足してしまっているのもあって、わざわざ知らない女性と、アポまでのコミュニケーションをとって、会ったら会ったで気を使ってセックスをするのが面倒になっているというか(笑)

それだったら、今いるセフレたちに時間とホテル代を割いたほうがいいよねという気持ちなんです。

もちろん家から車で30分のところで会える新規の女性というのであれば会いますが、そんな都合のいいことはありませんからね(笑)

それに、今囲っている彼女たちとは、会うたびに色々な発見や成長もある。

実はそのうちの1人は僕と会ったときはほぼ処女だったのですが、膣が回を重ねるたびにだんだんと柔らかくなって気持ちよくなっていっていっていますし、セックスの本当の気持ちよさをだんだんと覚えていっている。

そういう成長が楽しい。

また別のセフレは、M気が強い女性で、だんだんと従順な奴隷のようになっていっていく。

いまではパイパンは当たり前だし、ゴム無し外出しセックスが普通になったし、命令すれば全裸で自販機にコーヒーを買いに行くくらいの変態女になってきている(笑)

闇雲に数を広げるよりも、女性と回を重ねるごとにいい感じのセックスが出来るようになっていくということや、女性そのものが自分の手でだんだんといい女になっていくのを眺めている方が楽しいという気持ちもあったりするんですよね。

とは言っても、なんだかんだで去年もそうであったように、再びオフパコ魂に火がついて、ツイートやフォロワー集めといった活動も活発になるでしょう(笑)

セフレという関係はもろいもので、いつかは関係が終わる時が来るというのは常に念頭に置いています。
そのときはまたセフレを作ればいいだけの話だ。

それに基本、男として生を受けたからには、セックスに飽きるということは無いでしょうし(笑)