セックスフレンドという関係は不安定で長くは続かないのが普通。

「俺にもセフレができたぜ!これで一生セックスには困らないぜ!」
と、安心してはいけません。
僕の経験的にも、周りのセフレがいた経験がある人の話でも、セフレという関係はほとんど長続きはしません。

その理由は、ただ単純に時間や生活の都合が変わってくるという要因もありますし、相性的な要因、そして男女では生物的な思考が違うからというのもあります。

生活の変化

一番単純なセフレ関係が終わる理由としては、お互いの生活の変化というのもあります。
たとえば、彼氏彼女が出来てそっちを大事にしたいからもう会わないとか、
引っ越しをして遠くに行ってしまうという理由。

一番多いのは、転勤や転職、仕事の都合でなかなか会える時間を捻出できずにそのまま自然消滅というのもあります。

男のほうがその女とのセックスに飽きてしまった

これも、なにげによくあることであったりもします。
基本的に男の方は、より多くの雌に自分の遺伝子を植え付けて子孫を増やすという生物的な本能があるせいで、いつかはその女性とのセックスに飽きてしまうときがくるんですよね。

もちろん、性格やセックスの相性が合えば、そこそこ何度でも抱けるのですが、
相性もあわず恋愛感情の無いセフレという関係であれば、早い段階で飽きが来ます。

いくらセフレという関係でやりたい時にタダマン出来ると言っても、飽きてしまう時はくるのです。

セフレという不安定な関係がイヤになる

恋人でもなく夫婦でもなく、セックスはするという不安定なセフレの関係がイヤになるという場合があります。

たとえば男女両方に言えることですが、どちらかがセフレという関係を継続したいのに、どちらかが恋愛感情を持っていたりして依存すれば、セフレ関係を継続するのは難しくなります。

すると、さらに恋人としての関係を迫って、セフレという価値観が合わずに破滅するか、もしくは「この人との未来は望めない」ということで自然と身を引いて消滅という感じです。

とくに女性は感情あってのセックスですし、セックスを重ねるごとにそういった感情が湧き上がることもありますから、セックスと恋愛を割り切れない女性も多くいます。

喧嘩別れ

セフレと一度ケンカをしてしまうと、セフレという関係に戻そうと修復するのが難しくなります。「またヨリを戻してれっ!」とセフレにいうのもなんか変ですよね。

恋人とは違ってセフレという不安定な関係だからこそ、一度喧嘩してしまうと修復することが難しくなります。

とくに、無許可で中出しするというのが喧嘩の原因には多いみたいですよ(汗)

距離感に対する考えの違い

昔、セフレにして2回ほど会って「また会えるのが楽しみだね」とお互い言っていたものですが、なんやかんやで仕事が忙しいのもあったし、恋人でもないから頻繁に連絡を取らなくていいという考えで2週間ほど放置したら・・・返信が無くなってそのまま消滅したという経験が僕にはあります。

で、その経験に従って新しく出来たセフレとなるべく頻繁に連絡を取るようにしたら、今度はセフレなんだし、しょっちゅう連絡しないで欲しい的なことを言われました(汗)

相手の女性が望む距離感を保ってあげたいところです(T_T)

セフレ関係を長続きさせるコツは…

という感じで、なんだかんだで恋人でもただのお友達でもないセフレという関係のほとんどは、そう長続きはしません。いつかは終わる日が来るということを常に考えておかねばならないのです。

僕は、後は追わない主義なので、去っていったなら関係を取り戻すことを考えるではなく新しいセフレを見つけることに専念をします。
基本、男のほうがヨリを戻したいからといってうだうだしたところでうまくいく可能性は低いのですからね。

セフレと長続きさせるコツは彼女を都合の良い女にさせるでなく「彼女にとっての都合のいい男」になるということです。
セックスで気持ちいい時間を提供するのは当たり前ですが、それ以外にも彼女に望むような対応をしてあげたり、とにかく優しくしたり、そんな貴重な時間を提供することです。
そして、友達以上恋人未満の感情をお互いに持つことでしょうか。

あと、これも経験的なものですが、案外人妻女性とのセフレ関係というか不倫関係は、恋愛感情さえ爆発させてあげなければ長続きします。
人妻ということで結婚もしていますので、女性としては焦る必要もなく、恋愛ごっこやセックスを落ち着いて楽しむことが出来るという理由なのかもしれません。