ツイッターで出会った援交娘とタダマンオフパコしてきました!ブスだがピンク乳輪の美巨乳!

新規ぃ

新規24人目、ゲットだぜぇえ!

今日は、援交娘(19)とタダマンオフパコの日。

なにげに、去年の11月に隣県の女社長とオフパコして以来、半年ぶりの新規です♪
(どれだけサボってたんだ)

久しぶりの新規にもかかわらず、ぶっちゃけ本当にワクワクもなく、テンションは通常通りで、夜もぐっすり眠れました(笑)

本来ならワクワクとドキドキが止まらない新規女性とのオフパコなのですが、気持ち的にはなんか「予定を消化しにいく」という気持ちです。

待ち合わせ

さてそんなローテンションな気持ちで隣県まで高速道路を使ってピューって移動しました。
ほんと、場所がまあまあいい感じで遠くもあり近くもあるというのが救いです。

待ち合わせは、その街の大きなショッピングセンター…というかイオン(笑)
何気に、ここは去年もオフパコ希望の女社長と待ち合わせした場所でもあります。

女社長と待ち合わせした場所で、今度は援交娘と待ち合わせかぁ・・・ちょっと考えさせられますよね。

 

僕が到着する頃にはすでに彼女も待ち合わせ場所に到着しているらしく、合流。

服装も教えてもらいましたし、写真も交換してあるので、目線が合って手を振れば僕だと気がついたようだ。

うん、まぁ、顔の方は「下の上」くらいを予想していましたが、実物は「中の下」レベルくらいで思ったよりは悪くはなかったですね。

それよりも、胸の膨らみがなかなかいい感じで大きくって、この時点で巨乳の予感がしたのでちょっとだけテンションが上ったのは内緒です。

 

ラブホテルまでは車で5分くらいなんだけど、彼女とおしゃべりしようにもそっけない笑顔は返してくれるが、返事が単語くらいで会話がいまいち盛り上がらず(汗)

いや、彼女が口下手であったとしても僕のほうが彼女にもう少し興味を持てればなんとかするが、彼女に対して僕自身もそこまで興味が無いのであまり会話を盛り上げようとする心が無かったのは確かです。

とか、そんなことをしてる間にホテル到着。
うん、ホテルがすぐそこでよかったよ。

 

援交娘とホテルに

ホテルに入ったのならいつもは、ソファに座って談笑しながらだんだんとエロい話へと移行し、スキンシップを重ねながらキスをして、脱がせながらある程度愛撫したらシャワーという流れなのですが…

「とりあえずシャワーでも浴びようか?」

会話が盛り上がる予感も無ければ、盛り上がらせようとする気もなかったのでとっととシャワーを浴びることに。

するとですよ!
なんとなんと若いおかげでしっかりと弾力のありそうなプルンプルンの巨乳に、さらに僕好みのピンク色で少し大きめの乳輪をしたおっぱい。

いや、もう、かなり僕の理想に限りなく近いおっぱいがそこにあったのです!

 

特に去年辺りから貧乳の女性が続いた上、よく会うセフレたちも揃いも揃って小さめのおっぱいの持ち主で、巨乳不足だった僕にはかなりの興奮材料でした!

それと同時に、人柄も素晴らしい彼女たち(既存セフレ達)にこのおっぱいを与えず、なぜ神はコイツにこの素敵な美巨乳をお与えになられたのだと、すこしだけおっぱいの神様を恨みました。

その代わり、下のマン毛のほうは未処理な剛毛ジャングルではありましたが。

 

一緒にシャワーを浴びて身体を洗いあいっこしているときに、流れで揉んでみたのですが、揉み心地も最高でした。
ぶっちゃけ、この美巨乳はツイッターでオフパコ活動を始めてからナンバー1,2を争うレベルの素晴らしさです。

というか、おっぱいを揉んだだけなのにギンギンになってしまうくらい(笑)

そのギンギンになった僕のペニスを彼女が手でゆっくり手コキしてくれるものだから、立ったままキスしながら彼女のクリトリスをちょっと愛撫すると、

「はうッ…うううぅうううう」

と、今にも崩れ落ちそうなくらいに脚をプルプルと震わせて感じていた。
見た目はアレだが、この美巨乳とこの感度の良さは当たりの女かもしれないと、結構テンションを上げてベッドへと。

なんだかんだで援交娘とタダマンオフパコが決まったときも、実際に会った時もほとんどテンションが上っていなかった僕では合ったが、思いもよらなかった理想的なおっぱいと、感じやすい彼女の体質のおかげでセックス自体は楽しかった(笑)

クリトリスをちょっとクンニをしてやれば、「ふああぁあっ!ダメ、イクっ…!」っと、1分間くらいでイッてしまう。
クンニしたまま指マンでGスポットを刺激してやればそれもまたすぐにイクから面白い。

いざゴムを付けて挿入してからも、理想のおっぱいを鷲掴みにしながら腰を振るのも気持ちいいですし、イクときは「あっ…イッちゃうっ!」と言いながら膣内をぎゅーっと締め付けて何度も中イキしてしまうからこれもまた面白い。

彼女とのセックスが気持ちよかったのは、いつもは新規の女性に会うときは絶対にその人を気持ちよくしなくてはいけない、セックス以外の時間も楽しませてあげなくてはいけないという、ちょっとした責任を感じながらだったのですが、今回はちょっとサービス精神も薄めで責任も感じず、なんとなく純粋にセックスを楽しめたというのもあるのかな。

 

なんだかんだで悪い女でもないかも

1戦目を終えて、彼女の心もリラックスしてくれたのか、大学のこととか、援交活動での変わったお客さんのこととか色々と話してくれた。

最初は話しづらかったがリラックスしてくれると結構話しやすい女でもある。

その後にもう1ラウンド交えたが、僕が射精する前に彼女がイキ疲れてしまったようだ。

ちなみに、こんなに感度もよくイキやすい彼女のリップサービスなのかどうかわからないが「こんなにイッたの初めてだし、チンポでイッたのも初めて」とのことである。

僕としては、普通ならホ別2万円の女をこうしてタダで抱けるというのはちょっとお得な気分にもなる(笑)

最初はあれだけ乗り気がなくてテンションの低かった僕ではあったが、結局のところは楽しませてもらいました。

個人的には、あの綺麗なピンク乳輪と、しっかりと弾力のある巨乳は素晴らしかったが、そこまで性格的に好きではないのと、お顔のレベルが中の下というのもあり、リピートしてもしなくてもいい感じではありますが、彼女からの要請があればまた会ってもいいかなという感じです。

何気に、今年初の新規女性とのオフパコはまあまあ結果オーライという感じで幕を下ろしましたとさ。