Twitterで「注意: プロフィールに不適切な内容が含まれている可能性のあるアカウントです」と規制されたときの対処法と解除の仕方

ツイッターで色々と活動をしていると、様々な「規制」を食らうことがあります。

最も有名で重いのが凍結で、その次はアカウントロック、その他にも「このアカウントは一時的に制限されています」というものや、マイナーなものには「注意: プロフィールに不適切な内容が含まれている可能性のあるアカウントです」というものもあります。

今回は、僕がセフレ量産目的で運営する複数のアカウントのうちの一つが、上記の「注意: プロフィールに不適切な内容が含まれている可能性のあるアカウントです」という制限をくらい、そこから復帰・解除まで至った経緯などを書いておきます。

 

まぁ、アカウントの運用目的が「女の子と出会いたい出会い厨」なので、不適切っちゃぁ、不適切なんですけどね(汗)

逆に、そんなアカウントでも復帰できるくらいですから、あなたもガッカリすることはありません。

 

なぜ自分のアカウントが規制されているとわかったのか?

実はこの制限は、とくにユーザーのほうに通知がいくわけではなく、あなたの知らないところで気がつけば連絡なしに規制されているという感じです。

ツイッターにログインしていない状態で、自分のアカウントを見たり、そのアカウントをフォローしていないアカウントで閲覧してみると、以下のような感じでワンクッション警告があるのです。

   注意: プロフィールに不適切な内容が含まれている可能性のあるアカウントです

「なんとなく最近はフォロワーが増えないなぁ」ということで気づいたり、親切な人が教えてくれたりして初めて分かることが多いのだとか。

今回僕は、たまたま別のアカウントでログインしているときに、そのアカウントを開いたら午前中まで出なかったその警告画面が出て気がついたというわけです。

 

プロフィールに不適切な内容が…ってなるとどんなデメリットがある?

この規制がかかると、仲間内でツイッターを楽しんでいたり、ただたに独り言の日記のように使っている分にはそこまでデメリットが有るわけではありませんが、商用目的で使っている人や、僕のようにツイッター内で女性と出会うことを目的とした出会い厨がその規制を食らうと非常にデメリットが大きいです。

まず、ツイッター内の検索で、自分のツイートを検索しても検索には出てこなくなりますし、自分の名前やプロフィールを検索しても出てはきません。
(規制されたアカウントでセルフ検索すれば出てはきます)

 

そうなってくると、検索からの新規フォロワーが見込めなくなります。

 

なんというか、半分ほど自分のアカウントの存在がツイッター内から存在しないかのように、消えかかっているようなものです。

これは痛い!

 

で、フォロワーを増やすには自分からフォローしていって、フォロバックを狙っていくというわけでもありますが、フォローされた人が「どんな人なのかな?」と自分のアカウントを開いた時に「注意: プロフィールに不適切な内容が含まれている可能性のあるアカウントです」って表示さたら少なくともなるべく関わりたくないというのが普通かと思います。

どんなにツイートでいいことを書いていても、そういう警告がでるとなんだか怪しいですよね。

そういった部分では、フォロバ狙いでフォローしていっても、フォロバ率が悪くなるというわけです。

これも痛い!

規制される原因は?

まず自分のアカウントが「注意: プロフィールに不適切な内容が含まれている可能性のあるアカウントです」となる原因についてですが色々とあるみたいです。

【AD】nakaikis

まず、プロフィールで使われる文章について、これは政治的な発言、攻撃的な言葉、犯罪に関わるような言葉、アダルトな言葉、グロな言葉、とにかく一概にはいけませんがそういった不適切扱いされるような言葉がプロフィールで使われていた場合は、なにかのフィルターに引っかかるという説もあります。

 

しかし、僕の場合は確かに不適切な言葉を使っていた自覚はありますが、他のアカウントだってそれくらいのことはプロフィールに書いてあるのにそういう規制は食らってないし、逆に明らかに健全なアカウントで不適切感のないほかのアカウントでもこの規制を食らっているのをみました。

他にも、自分のアイコン画像やヘッダー画像でも、アダルトなものやグロなものを使うと規制がかかるのだとか。

これも機会判定で、血を思わせるような赤色の部分が多いとか、裸を思わせるような肌色の部分が多いと規制を食らうのだとか、色々な説はあります。

 

もっといえば、何かのバグで運悪く自分のアカウントが引っかかってしまったという説もあります。

僕の場合は、なんとなく引っかかりそうな言葉がプロフにあったりで、自覚はありますが、本当に自分がなぜこういう規制を食らったのか全く心当たりのない人もいらっしゃるみたいで、運が悪かったか自分でも気付かない要因だったとしか(汗)

自分のアカウントが「プロフィールに不適切な内容が…」となったときの対処法と解除の仕方

では、肝心の「注意: プロフィールに不適切な内容が含まれている可能性のあるアカウントです」となったときの対処方法。

以下が僕が行った規制が解除されるまでの流れです。

 

まず、「プロフィールに不適切な…」と言われたとなると、当然のことながらプロフィールを手直ししなくてはなりませんよね。
そこで、プロフの文章を一旦削除し、誰がどう見ても当り障りのないようなプロフ文章に書き換えました(笑)

・・・さすがに出会い厨として当たり障りないようなプロフ文章では女性との出会いが難しくはなりますが、規制が解除されたら徐々に戻してやるぜという企みもあったり。

あとは、もしかしたらアイコン画像とヘッダー画像のほうが引っかかっているという可能性もあったため、それらも別のものに差し替え。

問題がありそうなツイートも削除したほうがいいという話もありましたが、僕のツイートは魂と下心を込めたツイートたちであり、財産でもあり、子供たちでもあるわけですよ!

そこは消したくはなかったですし、ぶっちゃけ不適切なツイートのほうが多いくらいなので、そこは放置でいきました。

そして、待つ!
ひたすら待つ!

 

これだけは知っていてほしいのは、プロフィールの文章も写真も、誰がどう見ても不適切ではないものに変えたとしても、この規制がすぐに解除されるというわけではないということです。

少なくとも、一週間はかかると予め頭に置いておいてください。

プロフを変更しても規制が解除されないじゃないかと、絶望に打ちひしがれたり、もうツイッターやめようかなと思ったり、慌てふためいて余計に変な行動を取ってしまわないように注意してください。

この規制は、凍結やアカウントロックと違って異議申し立てが出来ないもので余計にモヤモヤする日々を送ることになるでしょうが、耐えてください。

で、プロフィールを変更して、当り障りのないようなツイートも3個ほど投下してじっと待つこと1週間。

 

別のアカウントで規制された該当のアカウントを見ても、「注意: プロフィールに不適切な内容が含まれている可能性のあるアカウントです」という警告が出なくなりました!

めでたく規制解除というわけです!

プロフィール文章変更、アイコン・ヘッダー画像変更

とにかく待つ!最低一週間!

解除されてた\(^o^)/

という流れです。

これで解除されていなかったら、諦めるか、もしくは再び変更して待つかですね。

 

こういうときのために、他のアカウントを作っておいて、ツイートはすべてそちらに転載し、規制されたアカウントで「規制されたみたいなのでアカウント変更しました」とでもアナウンスをすれば、熱心なフォロワーは付いて来てくれるでしょう。

とはいえ、無料でツイッターを使わせてもらっている身でもありますし、規制されてもあまり文句を言えないですね。

とりあえずは、規制が解除されたので、これからもセフレを作る出会い厨として頑張って活動をしていきます!(オイ)