書き溜めたツイートはこれからもセフレ作るに欠かせない「資産」となる

ツイッターでセフレを量産する教科書を実践しくと、自分が書いたセフレ収集用のツイートがどんどん溜まっていきますよね。

それは絶対にメモ帳なり何なりにバックアップを取って保存しておいてください。

それはあなたにとってこれからもセフレを作り続けるための大事な「資産」になるのです。

 

そもそもあなたが書いたものなのであなたに著作権があるわけですし。

で、なぜ資産になるかというと、これからもその文章を再び使うことが出てくるであろうからです。

たとえば、ツイッターでいきなりアカウント凍結をくらったてしまうことももしかしたらあるかもしれません。

しかし、そうなったのであればまたアカウントを作って書き溜めていたツイートを再び投稿しながら女性のフォロワーを増やしていけばいいだけです。

 

また新しいセフレを作りたくなったら、いつでも再始動できるように

そして、このツイッターでセフレを量産する教科書実践者の中でも、なんだかんだで地元で安定したセフレができてやめていくという方もきっと多いことかと思います。

自分の時間に融通がきかないと、あまり多くセフレを抱えても今度はメンテナンスが大変になってしまいますからね。

地元に2,3人のセフレが出来たらやめていくそんな感じでしょうか。

実際に僕も、現在では今いる地元のセフレのメンテナンスで手一杯感もあるので実践は縮小中という感じです。

 

だけど、セフレと言う関係は基本的にはそう長くは続かないものですし、何もしないでいればいずれはセフレが誰も居なくなります。

そうなったら、また1からセフレを集めればいいだけなので、また新しいアカウントを作って以前書きためたツイートを再投稿するまでです。

一番大変なセフレ収集用のツイートを書くという作業をすでにしているので、あとは女性フォロワーを集めていくだけという感じですからね。

なにより、あのときTwitterをやっていなかった人が新しくやり始めたりして、常にツイッターをやっている女の子は移り変わっていくということもありますからね。

あの時に出会えなかった地元女性と、今だから会えたということもあるでしょう。

 

そして万が一に、ツイッターが閉鎖したり突然異性との出会い禁止になったとしても、これは出会い系での応用もききますし、アダルト画像を投稿しているわけではないので、文字さえ投稿できるコミュニケーションサイトさえあれば、どこででも応用がきいたりします。

あなたが書いたセフレ収集用のツイートたちはまさに資産なのです。

数年後に、再びセフレを作りたいと思ったときでも、そのツイート集を引っ張り出しさえすれば、すぐにポポンとセフレを作ることが可能ですからね。

あなただけの貴重な「資産」。

たっぷりと増やしてください。