→前回はこちら

前回からの続きで、18歳のJD処女と待ち合わせてからホテルに入り、そして彼女自身が生まれて始めて男性の勃起した生ペニスとご対面し、ずっと憧れていたフェラチオを初体験するところから。

・生まれてはじめての生ペニスとフェラチオ体験

全裸の彼女を床に正座させ、僕はパンツ一丁で仁王立ちになり仁王立ちでらの体制に。

彼女の方は男性のペニスは無修正動画では見たことがあるが、実際に勃起した男性のペニスは生まれてこのかた実物の方は見たことないようです。

目の前の女の子の処女膜をやぶりたくてウズウズしている大きくなったイチモツがパンツの中で眠っているわけですが、ゆっくりとパンツを下ろしそれを彼女の目の前に出現させます。

生まれて初めて見る男の勃起した生のペニスを目の前に、ビックリしたのか彼女が固まる。

初めてのペニスに驚く彼女

「え?え?こんなに大きいんですか?」

と、その大きさに本気でびっくりしている。
うーんいいねえ、この処女ならではの反応!

そうです、本物の勃起したペニスというのは想像を超えるらいに女の子にとっては大きいものなのです。
しかも、フニャチンの状態からムクムク起き上がったわけではなく、いきなりフルボッキした状態のペニスとご対面ですからね。
なにより、こんなモノが本当に自分の中に入るものなのかと感じることでしょう。(でも不思議と入っちゃうんですよね)

それじゃあちょっと舌で先っぽを舐めてご覧というと、可愛い舌を出して僕のペニスの亀頭を舐める。
何度かそれを繰り返した後、しっかり咥えてご覧といって生まれてはじめてのフェラチオをさせる。

うん、特にこれと言って何も教えることのないくらいに普通に上手だった(笑)
フェラチオ指南みたいなものを読んで何度もイメトレしていたらしい。

・ベッドで前戯

そして彼女を抱えてベッドまで行くと再びキスをして、前戯再開。
いやあそれにしても、モッチリとしていながらもこのハリのある肌の抱き心地はええもんですな!

大きく形のいいロケットおっぱいを揉みしだきながら、乳首も舐め取るとかなり感度が良くて、身を捩ってその快感を感じ取る。

そしてパイパンにして綺麗に処理してある彼女のあそこの方に指を濡らすと、かなり濡れている。
粘度の高い愛液が溢れ出ていてかなりエロい状態になっている。

処女に指マン

オナニーもよくするらしく、クリトリスでイクことを知っているので、ちょろっと愛撫してあげれば「だめ、イキそう・・・」と言って、体がビクンと反応して簡単にイッた。

それでもオナニーで自分でコントロールして自分でイクこととで、男の指で自分の意志とは関係なくイカせられる快感というものは違うものだろう。

そして次はクンニ。まあ処女なので当然やはり初クンニは恥ずかしがる…が、そこは力で脚を開いて新品のアソコに唇を近づける。

先程の指マンでも簡単にイケたし、クンニでも簡単にイケるかなと思ったら・・・、思ったより秒殺だった。

そしていよいよ、男の体が侵入したことのない新品の膣内へと指を1本だけ滑り込ませる。

さすがに処女なだけあって膣口はまだ少し狭めで指を入れる際には慎重に挿れたが、膣内もかなり肉厚がいい感じで、粘土の高い愛液と、この中にペニスを挿れたらさぞ気持ちいいだろうなという感想が出てくる。

人差し指で新品の膣内をほぐすように痛いところがないかなどをチェックしながら全体を愛撫したあと、Gスポットを愛撫すると一気に気持ちよさそうな反応をする。

それにしても、彼女、本当に感度がいい!

今回はこれといって特殊なテクニックを使っているわけでもなく、そもそも気持ちよくさせるためのテクニックを使う前に気持ちよくなってくれるのである意味ラクである。

彼女の方を抱き寄せGスポットを淡々と愛撫していると「ダメダメ、イキそう!」と、体を一度硬直させたあと、一気に解放させるようにイッた。

本来であれば、もう少し時間をかけて前戯をしたりして精神的な部分でも興奮と安心を湧き上がらせたりもするのだが、時間の関係もあったりで少し早めに、
「そろそろ挿れる?」
と、尋ねるとうんうんと頷いた。

ではいよいよ、彼女が18年間大切(?)にしてきた処女を、親子に近いレベルで年の離れたおっさんの汚いペニスで汚して奪うことにいたしましょう。

・処女貫通!

フルボッキしたペニスに厚さ0.01ミリの高級コンドームを装着。
そういえば、0.01ミリのコンドームは3つ入りなのですが、それぞれ別の女性の処女を貫くために使ったと書いたらゲス感が出てきそうです。(ゴムしてるだけいいか)

フルボッキしたまま挿入するとさすがに痛いので、少し心を落ち着かせてペニスを8分勃ちくらいに調整し、彼女の狭い膣口を先端で探り当てゆっくりとおじさんペニスを挿入する。

おじさんが18歳JDの処女を貰う

「大丈夫?痛くないかい?」といつものセリフを投げかけると「大丈夫…」との返答で、しばらく半分くらいまで挿入したままじっとし、そして緩やかにピストンをすると痛くはなさそうだ。

なので根本まで挿入すると「痛い、痛い!」とさすがに痛みを訴える。

なるべく痛がらないようにしてみても、とりあえず根本まで挿れるとやはり痛みを覚えるようである。

【AD】瞬間昇天【神快】のレビュー

それにしても、肉厚のある彼女の膣内は純粋に気持ちよく、僕としても処女卒業のときは自分の気持ちよさよりも無事に処女を卒業することをメインにしているため色々と気を使って素直に気持ちよさを楽しめない部分もあるが、それでもやはり一人の女性の処女を頂くという男としての妙な本能が満たされることもあってペニスは勝手にフルボッキしてしまいます(汗)

そんなこんなで1回戦目は射精せずに一旦終了です。

奥まで挿れると痛いけれど、痛くないときは気持ちいいということでセックスでの肉体的な気持ちよさはわかってきてくれているようです。

2回戦目

そして少し休憩を挟んで再び2回戦目をスタート。

今回も先程よりは痛くないと言っていましたが、それでも奥まで挿れてピストンするとまだ痛がる模様。

そこで彼女はMっ気も強めなので軽い言葉責めなどをしながら、おまんこから意識を意図的に外させてやると奥まで突いても痛がらない。よしよしいい感じだ。

こうして痛みを意識させるよりも、気持ちよさを感じ取ることを優先させるように導いてやる。

そして言葉責めをやめても痛がらなくなってきたので、Gスポットを狙って擦るような感じでピストンすると「ああっ!イクっダメっ!」と言って、体がビクンと反応して中イキする。

特に今回は中イキさせることを狙っていたわけではないが、もともと感度の良い彼女なので処女卒業の日に中イキもできるようになった。

そして僕の方も射精感が近づいてきたので、本当はまだまだ我慢できるがせっかくなのでゴム越しとはいえ彼女の膣にも、自分の膣内で射精される感じを味わわせてあげよう。

「出すぞ!中に出すぞ」
と彼女にいうと、
「中に出して!」
と、エッチな作品で覚えたセリフであろうが、それはそれで男としてのさらなる興奮を呼び覚ますのに十分で、ドクンドクンとたった今、中古品になったばかりの彼女のおまんこの中で射精した。

あー気持ちよかったー(^q^)
(↑賢者タイム中)

そしてその後はセックス後のピロートーク。彼女の方は初体験の緊張から解放されたせいか、ベラベラと何でも自分のことを話してくれる。

こういう状態になりピロートークがいい感じで進むとそのエッチに満足してくれた証でもあるので僕としても一安心するが、安心するがゆえにここに来て妙な眠気が湧いてきて、寝ないように頑張っていたら何を話したかいまいち覚えていない。

3回戦目

精力の方も復活し3回戦目。

ここまで来るともう彼女の方からは完全に挿入の痛みは消え「すごい!めっちゃ気持ちいい」と純粋なセックスの気持ちよさを覚え始めていきます。

おっさんのペニスを挿入されながら、すごい気持ちいいと言ったときの彼女の顔は本当に嬉しそうで今でも忘れられません。

これにて彼女の処女卒業は無事完了です!!
・・・するたびに痛みが薄くなっていくという、まさに絵に書いたような流れでした。

処女から淫獣へ

んがしかし!
セックスの気持ちよさを覚えたばかりというか、性の悦びを知ったばかりの彼女は聖獣のようになり、
「もっとしたい!」
と言い出す始末!

もっとしたーい!

若い子の好奇心と性欲、怖い。
おじさん、体力的な意味でちょっとつらい。

「もうゴムないの?」
とかまで聞いてくる始末。

いちおう、予備のゴムを何枚も持ってきているしで、せっかくはるばる東京まで来たこともあり結局この日は4時間の間に6回戦はしたような気がします(笑)

あと、フェラするときに獣のようにおっさんペニスをしゃぶりつきにくるのがなかなか凄かった。
本当にさっきまで処女だった子かよ(゚∀゚)

あと彼女のリクエストでハンディ電マも持ってきたのですが、意外にも電マではあまり気持ちよくなれず、クンニなど手心ある人力テクニックを試すとあっさりイクという子でした。

これが逆で、電マじゃないとイケないという可哀想な子も存在しますが、彼女は幸せなタイプです。

そしてちゃんと丁寧な御礼のメールも。

僕とのセックス無しじゃ生きていけないというのは最大級の褒め言葉でもりますが、
おじさんとしては気持ちさえあれば誰とでも気持ちいいセックスができるようにと願いを込めてセックスしたのでそれはそれでちょっぴりゴールが違いますよと。

 

という感じで、16歳のときにDMのやり取りをし始め、1年半越しの18歳のJDになった彼女との処女卒業式は無事終了しました。

それにしても、帰りも高速バスで帰るのですが、バスが来るまで5時間以上の時間があり暇です。
かといって、またネットカフェで引きこもるのもアレなので秋葉原などでヨドバシカメラにでも行こうと思いましたが、だんだんマスクでの都内移動も苦しくなり断念。

あ、でもちょっと食べてみたかった秋葉原の野郎ラーメンは食べることができました♪

で、結局、なんとなく御茶ノ水の駅前付近にあったベンチの上で、寒空の下読書をしながら2時間ほど過ごしました。

ちなみに帰りの高速バスはほぼ満員に近い状態でしたが、僕はあらかじめ隣の席が空白確定のダブルシートで予約をしていたので隣の人を気にせず快適に帰りました。

以上です。
またまた長くなりましたがここまでお付き合いいただきありがとうございました。