新型コロナ大流行前のラストオフパコ!なんと新規女性が2連続で30代の美人処女!(処女7人目・前編)

新規ぃ

新規38人目、ゲットだぜぇえ!しかも処女!(7人目)

すっかりコロナの影響でオフパコができなくなって、悲しんでいます(汗)

とはいえ、世の女性も自粛の影響なのかストレスのようなものが溜まっているようで、こういうときに限って近県の女性からセックスしたいことを匂わせるDMが来てしまいます。
(もはや戦友とも呼べるこのブログ読者さんからも似たようなご報告が)

気持ちは嬉しいですし本来ならガッツポーズでも決めたくなるところなのですが、世の中こういう状況ですし、日本人が一丸となってこのウイルスを抑え込もうと頑張っているところで新規女性とオフパコなど、後ろめたさもあって勃つものも勃たない状態です(T_T)

と、現状はそんな感じですが、新型コロナが日本国内でも猛威をふるい始める寸前の2月中旬に、新規女性とオフパコしてきたので報告します。

いやあ、確定申告とかもろもろの事情で書き上げるのがこんな季節になってしまいました^^;

 

久々に新規女性とのオフパコ!・・・しかも再び処女!

オフパコ依頼メール

そろそろ新規女性の開拓に乗り出そうとツイートもポチポチ書き始めていた頃、すでにコロナの闇が目前まで迫ってきていて、こりゃしばらく新規女性の開拓も延期するかと思っていた頃、ツイッターではなくこのブログの方にメールが届きました。

ときどき、僕のブログにも女性(だと思われる)方からメールをいただきますが、適当なメールの場合は基本的に自己防衛のためにスルーさせてもらっています。

今回は、初回のメールもとても丁寧であったこともあり、その後のメールも非常に丁寧で、あれこれとメールしているうちに会うことにしました♪

今回はツイッターではなくブログからということもあり、かなり長い間のやり取りでしたが、どのメールも非常に雰囲気のいいそこそこ文章量のあるメールをやり取りさせていただきました。

当然のように、写真も交換するのですが、写真を交換した時点ではまぁ可もなく不可もなくなヴィジュアルでした(笑)

それにしても、また処女の女性です(笑)

ツイッターでの活動だけですでに7人目となり、あれほど処女とのセックスは貴重だと思っていたのがなんだかすうかり当たり前にようになってきました(汗)

巨乳か貧乳か、人妻か未婚者か、パイパンかそうじゃないか、処女か非処女か、それぐらいの感じでしょうか。

しかしそれでも、ヴァージンを捧げる相手に選んでくれて深く感謝もし、初めてその女性の体内に侵入する男になることができることへの誇りであることは今も変わりはしません。

 

いざ最後の東京へオフパコ演出!

【AD】nakaikis

世間はそろそろコロナの影響でマスク姿の人が多くなってきた2月中旬ごろ。

こりゃしばらくはオフパコはもちろん、東京遠征は無理だろうなぁとしみじみ思いながらの最後の遠征です。

そんなしみじみ思いながらも、東京へ行く新幹線の中では読みかけだったアウシュビッツで働いていた人の経験が書かれた「私はガス室の「特殊任務」をしていた 知られざるアウシュヴィッツの悪夢」という電子書籍を読んで、今から処女とオフパコセックスだってのにちょっと気分が暗くなっていた。(なぜそれを選んだ!)

それにしても、今回のオフパコの日程は土曜日の午後7時からです。

普段は東京でのオフパコの際も、昼間であったり平日であることが多いのですが、今回はサタデーナイト。

何が困るかと言うと、ラブホ代です!

いやぁ、地元のラブホ価格であれば地方ということもあって安いし、色々知っているのですが、東京ですからね・・・(汗)

事前に調べておいても、そのホテルが空いているかどうかは当日に行ってみないとわかりません。

更に困ったことに、彼女はお台場付近に宿をとっているようで、そのエリアにはあまりラブホもありませんし、なるべく安全に帰っていただきたいので都心の方でというのも気が引けます。

そこで、ちょうどこのときはYahoo!トラベルのクーポン2000円分もあったし、自分の宿も兼ねてそこそこいいビジネスホテルを取ればいいやということで、久しぶりにビジネスホテルを利用してのオフパコすることにしました。

予約したホテルは部屋の中にも更にドアがあって、遮音性もいい感じで効いていそうなホテルを選びました。

ちなみに最初は彼女は僕の新幹線代まで負担してくれようとしていましたが、さすがにそれも悪いと言うかプレッシャーがエグいことになるのでホテル代だけ負担して貰う約束にしました。

ということで、ホテルの中で一人で待ち合わせ時間まで待機することにしました。

それにしても、ホテルの中でひとりで孤独にエッチの時間を待っているって、なんだかデリヘルを利用していた遠い昔のあの頃を思い出しました。

 

待ち合わせ場所へ。ついにご対面!

お互いどういう格好で来ているかなどを教えあって、いよいよ待ち合わせの時間が迫ってきたので待ち合わせ場所へ!

それにしても、事前のやり取りに長い時間をかけたぶんだけ、いざ会うときの喜びはかなり大きいものですよね。

待ち合わせの際には「駅から出てすぐにあるバーガーショップの前にいるよ」と送ったのですが、どうも大手バーガーチェーン店が2つあって、教えてもらった格好の彼女らしき女性を見つけると彼女は指定した店と違う方に行こうとしていました(汗)

それで笑顔で「こんにちは」と彼女に話しかけ、合流できました。

それにしても、送ってもらった写真と全然ちげぇじゃねーか・・・

なんだこのド美人は!!!
長いストレートな黒髪のスレンダーで切れ長の超美人!

これまで会ったことのある女性の中では、トップクラスです。

それでいて、人柄も良く愛嬌もあり話しやすく、そして処女である!

こんな素敵な美女の処女膜を、この汚いペニスでまたまたぶち破れる機会があるとは・・・と、彼女をホテルまでエスコートしながら僕の玉袋の中で数千万から数億のムスコたちが色めきあっているのを感じました(笑)

 

今回は、書いていたら非常に長くなってきましたので、前後編に分けてお送りしたいと思います。

後編はまだ書いているところです。